温熱間用超硬合金 WM38

温熱間用超硬合金
WM38

WM38は従来の超硬合金と比較して高温下での硬度低下率が小さく、耐酸化性に優れた超硬合金です。過酷な高温条件下で使用しても、割れが生じにくく、金型の長寿命化に貢献いたします。

硬度低下率比較

WM38はRX95と比較して、800℃で硬度低下率が約10%向上しています。

耐酸化性比較

WM38はRX95と比較して、900℃で酸化重量が約40%減少しています。

特性表

材種名 比重 硬度
(HRA)
抗折力
(GPa)
破壊靭性
(MPa・m½ )
WM38 12.70 77.5 2.2 30

※上記データは代表値です。
※上記データは技術の発展により、変更することがあります。

ページトップへ