沿革

沿革

1963年 【昭和38年】

・山本勝也が兵庫県姫路市香寺町香呂において山陽合金研究所を設立し、超硬合金の製造・販売を始めた

1966年 【昭和41年】

・山陽合金研究所を改組し、株式会社山陽合金製作所として法人化

・社名の山陽合金(SANYO ALLOY)よりとったSAN ALLOY(サンアロイ)を商品名とした

1975年 【昭和50年】

・社名をサンアロイ工業株式会社に変更

1976年 【昭和51年】

・東京営業所開設

1977年 【昭和52年】

・名古屋営業所開設

1980年 【昭和55年】

・生産能力増強のため本社工場を新築

1982年 【昭和57年】

・CVDコーティングを開始

1984年 【昭和59年】

・強靱性サーメットの開発に成功、商品化

・生産能力増強のため、石川県羽咋郡志賀町(能登中核工業団地)に株式会社サン・アロイを設立。

1985年 【昭和60年】

・HIP熱間静水圧装置を導入

1987年 【昭和62年】

・九州営業所開設

2001年 【平成13年】

・事業拡大のため本社を兵庫県神崎郡福崎町(福崎工業団地)へ全面移転

2003年 【平成15年】

・マレーシア駐在員事務所をペナン州ジョージタウンに開設

2005年 【平成17年】

・タイ国アユタヤ市(ロジャナ工業団地)にSANALLOY INDUSTRY (THAILAND) CO.,LTD.を設立し、東南アジア地域での超硬合金の生産・販売を開始

2006年 【平成18年】

・中国事務所(広東省東莞市)設立

2009年 【平成21年】

・中国事務所を東莞市桑阿洛伊金属材料有限公司に社名変更

2011年 【平成23年】

・横浜営業所開設

・マレーシア駐在員事務所を法人化し、ペナン州バヤンレパスにSANALLOY INDUSTRY (MALAYSIA)SDN.BHD.を設立

・超硬合金のリサイクルを開始

2012年 【平成24年】

・関東営業所開設

・株式会社サン・アロイの社名を株式会社ノトアロイに変更

・サンアロイタイランド(アユタヤ市)が洪水にて被害を受けたため、新たにラヨン県(アマタシティ工業団地)に新工場を設立

2014年 【平成26年】

・九州営業所を移転

2015年 【平成27年】

・名古屋営業所を移転

ページトップへ