現代社会を支え、
時代を創る
「超硬合金」
「ダイヤモンドに次ぐ硬さ」を特徴とする超硬合金。
インフラからスマホの電子部品まで、社会を形づくるあらゆるものの製造や加工に使われています。

こんな業界で使用されています

自動車
自動車を構成するシャシ、エンジン、パワートレイン、トランスミッションからネジに至るまで、様々な製品の製造で必要とされる金型・治工具・切削工具などに用いられています。冷間鍛造、温・熱間鍛造やプレス加工など条件に適した独自の材種を幅広くラインアップ。
航空機
航空宇宙用特殊材料向けフライス用・穴あけ用などの高性能工具、精密部品やベアリングの製造に必要とされる金型や治工具などに用いられています。
電子部品
電装部品・携帯機器・家電の電子部位を構成する能動部品・受動部品・機構部品となる半導体・モーター・コンデンサ・リレー・電池・コネクタ・スイッチなど、あらゆる製品の製造に必要な金型・治工具・装置部品などに用いられています。曲げ、抜き、絞りなど条件に適した独自の材種を幅広くラインアップ。
医療
医療機器における鋼製品や超精密部品など多種多様な部品の製造工程において必要となる金型や治工具、また医薬品においても、薬剤から包装に至るまでの製造工程で必要となる金型・治工具・刃物などに用いられています。
土木・建築
都市開発事業における土木・建築工事、主にシールドトンネル掘削・路面掘削・基礎工事などに必要となるビットに用いられています。
鉄鋼・圧延
鉄鋼の製造における冷間から温間域での様々なロール、せん断でのスリッターや、あらゆる圧延工具などに用いられています。

ページトップへ